ボストン語学学校にいってみて!!留学記

ボストンの語学学校CELOPにいってみた!!留学記

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

 

現在無料レポートを提供中♪♪ ダウンロードはコチラから(^^)/

 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

今回はマサチューセッツ州はボストンへ一年間の語学留学をされた
葉山さんにボストンでの生活についてお伺いしたいと思います。

 

 

 

<葉山さんの簡単なプロフィール>
大阪生まれの30歳。高校までを大阪ですごし、
大学は早稲田を目指し見事一発合格!!
大学三年生の時に、アメリカはボストンへ一年間の語学留学。
日本帰国後は無事大学を卒業され、大学院を志しイギリスの大学院へ
進学。大学院を卒業後は中国へ移り中国語の習得に励み、現在は
大阪に戻り、毎日多忙に働いています。
*葉山さんのイギリス留学については別の記事で書いております。

 

では、さっそく始めていきたいと思います。

 

1lまず初めに、なぜ葉山さんは留学をしようと決意されたのですか?

 

    僕自身英語には少なからず興味はあったんですが、正直はじめはそこまで
    「留学したい!」という気持ちはありませんでした。しかし、僕の父も若いときに
    留学したかったらしく、その夢を託されたという感じでしょうか笑
    そういった父の勧めもあり今後の僕自身の財産にもなると思い留学しました。

 

2lボストンを選んだ理由は?

 

    父の知り合いにボストン大学の教授をされている方がおり、
    その方が面倒を見てくれるとのことで、ボストンを選びました。
    ちなみに、面倒を見てくれるというのは学校を探したり、生活
    必需品を購入できるショップに連れて行ってもらったりということです。
    
3lでは語学学校も、葉山さんの父親のご友人に進めてもらたのですか?

 

    そうです。たまたまボストン大学内にCELOPという語学学校があり
    その学校に入学しました。CELOPの良いところが、キャンパス内の施設
    全て、一般の学部生、大学院生たちと同じように使えることです。
    また、この学校の良い所が、英語レベルが初級〜中級、中の上とどの
    英語レベルにも対応しており、中の上Hi intermediateというのですが、
    そのレベルの学生で大学進学を考えている方には「大学までの準備」と
    いうことで、実際に大学に入ってからのノートの取り方や、リサーチの仕方など
    一般の大学生に必要なスキルを学べるクラスも用意されており、大学進学までに
    十分に準備ができるようになっております。

コチラは確か一回がカフェテリアになっており、5階から上が学生の寮にだったと
思います。僕はこの寮に住んでいなかったのでよく覚えていませんが笑

 

4l気候は?

 

    夏は日本に比べかなり過ごしやすかったです。日本でよく「猛暑」といって40度を
    超える地域もありますが、ボストンではまずないと思います。たまに蒸し暑いかな?
    と感じることもありましたが、基本的にはカラっとしていて僕はとても過ごしやすかったですね。
    たまに日差しが強いな!と思ったりもしましたが、外に出ることが億劫になることはまずなく、
    むしろ外出したいと思えるほどでした。スターバックスなどのオープンテラスで友人とよく
    お茶したりしてましたね。
    しかし、冬となると話は全然違ってきます!!とにかく寒いです。真冬にはマイナス10を下回る
    ことは珍しいことではなく、大雪時の通学がとても大変だったイメージがあります。教室などの
    室内はかなり暖房がきいていて温かいですが、外との気温差で体調を崩さないか心配しなりましたね。
    ボストンの冬はとにかく寒いので、これからボストンへ留学する方は肝に銘じていた方が良いです笑

 

5l留学前と留学後ではボストンに対するイメージは変わりましたか?

 

    留学前のイメージとしては、街も人も日本の様にせかせかしているイメージを持っていましたが
    いざ留学してみると意外とそうでもないことに驚きましたし、初めて海外へ長期滞在するにはとても
    住みやすかったですね。人は親切か?と言われれば、YesでもなければNoでもない。というのが
    正直な感想です笑 コンビニエンスストアに限定すると対応は悪いです!!無愛想な店員が
    多かったイメージですね。

 

6l食事は?

 

    平日は基本的にはボストン大学のカフェテリアを利用していました。後、カフェテリアの食事に飽きたり
    週末はよく友人とタイ料理、中華料理もちろん日本食とボストンには多種多様な料理があり特に
    不便を感じたことはありませんでした。ただ、カフェテリアの食事には飽きます。僕は体質的に
    太りにくい体質なので、ジャンクフードをよく食べても太ったりしませんが、僕の友人は留学して
    かなり太ったといっていました。

 

7l最初ボストンの空港から目的地まではどうやって行ったのですか?

 

    日本を発つ前に事前に父からボストンの知人の連絡先、寮の住所などを渡させていたので
    ボストンの空港からはタクシーで移動しました。正直緊張しましたが、住所が書いてある
    紙をタクシーの運転手に渡し問題なく目的地に着くことができました。

 

8l主な交通手段は?

 

    ボストンには電車が通っており基本的には電車移動が多かったですね。
    ボストンの電車は基本的には地下鉄なのですが、地上にもでます。特に
    ボストン近郊やダウンタウンを少し離れると地上にでることが多かったです。
    また、僕の最寄りの駅も地上の無人駅!なので、大雨や大雪、極寒時は
    電車を待つことが寒くて耐えられないので、近くまでならタクシーで移動したりも
    していました。
    *ボストンの電車(通称T)
    

 

9l学費はどれくらいでしたか?

 

    あまり詳しく覚えていないというのが正直なところです。すいません。
    ただ、結構高かったイメージがあります。4ヶ月でたしか$7000ほど
    したのではないでしょうか?申し訳ありませんが、学費に関しては
    ご確認された方が良いと思います。

 

10l語学学校は実際に行ってみてどうでしたか?日本人の比率は?

 

    大体一クラスあたり約20人くらいの生徒数で、その中で2人くらいは
    日本人の生徒がいましたね。僕的には結構いるのかな?と思っていましたが
    他の語学学校と比べると少ないほうとのことでした。なので、休み時間に
    日本人同士で固まって話したりというよりも、他の国の生徒と英語での会話が
    結構多かった気がします。

 

11l留学前は英語の勉強をしていましたか?

 

    大学の履修科目くらいですね。ボストンへ留学する前は特にこれといって
    英語学校にも日本では通っていませんでしたが、大学の受験勉強等が結構
    役だって実際にボストンに行った時もまったく英語が話せなくとても困ったという
    こともなかったと思います。

 

12l留学前にやっておけばよかったことなどありますか?

 

    ボストンの歴史などについて事前に知識を入れておけばよかったと思っています。
    そうすることで、現地でより興味をもって勉強できたと思いますし、友人やアメリカ人の
    方と話すときのネタにもなったのにな!と、思います。
    あと、当然ですが英語でのコミュニケーションをもっと磨いておけばよかったと思いました。
    というのも、語学学校でもそうですが、同じレベルの生徒でも、英語でコミュニケーションが取れる
    生徒とコミュニケーションが苦手な生徒がでてきます。それは先生も当然授業を通してある程度は
    わかっているので、コミュニケーションが得意な生徒へ「アナタはどう思う?」と意見を求めてきたり
    しますので、良く言えば発言のチャンスがあるし、そういった皆の前で英語を話す訓練にもなり、
    人前で話すことに慣れてきます。悪くいうと、良く先生に当てられることです笑

 

13l留学して葉山さん自身の考え方は変わりましたか?

 

    まず海外の文化に触れられたことが大きかったですね。英語は日本でも学べますが、
    実際に海外の文化に触れられたことはその後の自分の人生に大きく影響したと思います。
    あと、英語に関してですが、実際に現地で英語を学ぶと習った文法や言い回しをすぐに
    実践できることでかなり身に付きましたし、英語だけでなく学んだことをアウトプットする
    大切さを知りました。また、海外でビジネス展開をしてみたいという気持ちの変化も
    でてきています。

 

14lこれから留学される方へアドバイスをお願いします。

 

    語学学校は正直カリキュラムが緩いため、海外の文化に触れたいというような目的では
    ベストだと思いますが、英語で本気で取得したい人にとっては、非効率かもしれません。
    今の時代、英語を話せることはとても大きな「武器」にはならない。というのが僕個人の意見です。
    大切なことは「英語を使って何ができるか」ということだと思いますし、求められていることだと思います。
    そういう意味では、語学学校に丸々居座るのではなく、ある程度現地での生活に慣れてきたら、
    サマースクール等の学部の授業(大学の授業)にも積極的に参加することが一番効率良く英語を
    学ぶ方法だと思いますね。
    あと、是非アクティブに動いて下さい。僕はもっと課外活動などに積極的に参加して、現地の
    方ともっとコミュニケーションをとれば良かったと今でも後悔しています。

 

15l日本に帰国された現在のアナタの英語力は?

 

    正直英会話力が落ちてしまっていると感じます。以前の様に毎日英語に触れているわけでは
    ないので、留学中と比べると多少なりとも落ちています。ただ、日常生活で不便が出るほどでは
    ないと思います。

 

16l現在の葉山さんの職業は?

 

    衣料品、日用雑貨品の輸出及び卸売販売をしています。まだまだ新し会社なので、
    これから海外進出も視野に入れグローバルな企業にしてきたいと思っています。

 

葉山さんがボストンで通われていた語学学校の詳細はコチラ
「CELOP」*英語
「CELOP」*日本語
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

 

 

 

 

 

現在無料レポートを提供中♪♪ ダウンロードはコチラから(^^)/

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆