アメリカ留学記!!

アメリカ留学記番外編(2)

 

今回は留学生の金銭事情について書きたいと思います。

 

私はアメリカのボストンとセントルイスにしか住んだことがないですが
それを元に書いていこうと思います。

 

まずボストンとセントルイスですが、同じアメリカ国内ですが州も違えば
街並みも当然変わってきます。

 

ではどのように違うのでしょうか?

 

とても簡単に言うと、

 

 

ボストンは比較的都会なので、ショッピング、食事からコーヒーの購入までダウンタウンであれば
電車ですぐにいけます。ボストンは規模的にはそこまで大きい街ではないので、校外に住んでいる
人も沢山いますし、私もボストン郊外(といっても市内から二駅)に住んでいました。
交通面はほとんどが電車でことたりますし、タクシーを利用してもそこまで高くありません。
ブランド品(ヴィトン、グッチ、ティファニー)なども同じビル内に入っていますので、特に女性の方には
便利かもしれませんね。ボストンはアメリカでも比較的都会な方なのでボストン市内、近郊の部屋の
値段も結構割高です。

 

 

 

セントルイスは一言でいうと「車社会」です。どこへ行くにも車がないとかなり不便を感じます。
ボストンに比べると田舎なほうだと思います。私が住んでいた大学内の寮も結構田舎でした。
当時車を持っていなかった私はアメリカ人の友人の車に乗せてもらうか、タクシーを大学内まで呼んで
外出していました。それ以外の方法がなかったので。しかも、タクシーは電話をして大体1時間くらい
待ちました。笑 セントルイスはボストンに比べると家賃などの生活水準は引くいので、そういった面では
住みやすいかもしれませんね。

 

 

留学生の金銭事情ですが、比較的都会の方が生活水準もやはり上がります。
反対に田舎な方ですと生活首位順もかなり落ちます。

 

ココでは

 

都会=ボストン
 
田舎=セントルイス

 

とします。

 

まず、セントルイスですが、留学生も比較的普通というか日本の大学生とあまりかわらない
感覚というか金銭的な面であまりかわりません。車は持っていますが、家賃や生活していく
上では日本とそこまで大差はないでしょう。(東京などと比べるともちろんセントルイスの方が
生活水準は低いと思いますが)なので、金銭面では日本にいるときと同じ感覚でまぁ大丈夫
だと思います。

 

では、ボストンはどうでしょうか?

 

ここまで読んだ方ならご存知の通りセントルイスに比べると生活水準は間違いなくボストンの方が
高いです。

 

しかし、ココで言いたいのは「生活水準」が高いということではありません。

 

では、何かというと、

 

ボストンに留学している外国人は

 

 

 

 

めちゃめちゃお金持ちが多い!! 

 

 

ということなんです(^_^;)

 

 

 

私のような一般人では考えられないような大金持ちの留学生がわんさか笑

 

最初の頃なんてもうビックリの連続でいつも羨ましいな〜と思っていました笑

 

私の親友とも呼べる友人は2人いて、一人は韓国人、もう一人は台湾人なのですが。

 

まず、韓国人の友人(以下E君)ですが、彼との出会いは私がまだCommunity Collegeに
通っている時にクラスメイトでした。

 

そのクラスには確かアジア人は私だけで8割ほどがアメリカ人でしたので、そのクラスにいた
E君はやはり目立ったというか、「あ、アジア人だ!!」とほっとしたことを覚えています。
それから良く隣の席になり何度か話しているうちにとても仲良くなりました。
E君に初めてあった時は、そのセメスターが彼の始めてアメリカの大学のセメスターでしたので
まだボストンに来て数週間くらいでしたので、その時はまだ車を持っていませんでした。
それから約1ヶ月後、いつものようにE君とのクラスを終え帰ろうとしていると、車買ったし、
君の家の近くまで行くから送るよ!!とのこと、

 

「ラッキー」と彼の車へ向かうと、なんと彼は

 

 

 

 

新車のレクサスを購入していました・・・・・・・・。
 

*イメージです

 

 

 

コ、コ、コレ買ったの??

 

と、聞くと「そうだよ!!納車まで時間掛かっちゃって。」とのこと・・・・・。

 

 

黒光りする彼のレクサスはまるでどこかの社長さんが乗っているかのような感じで、
シートはもちろん革張りでナビもめちゃめちゃハイテクで社内は新車の革のいい匂いが
していました。そしてなんとも運転しやすそうなこと!!

 

なんとも羨ましい・・・・。

 

やっぱり気になるのはそのお値段!!笑

 

私:これ新車だよね?ぶっちゃけいくらだったの??

 

E君:5〜600万($1=100)くらいだったと思うよ。

 

 

 

言葉が見つかりませんでした。この会話がCommunity Collegeに行く
20代前半の学生の会話でしょうか??

 

 

余談ですが、ボストン(まぁNYやシカゴなどもそうだと思いますが)にはとんでもないお金持ち学生が
沢山います。私がまだ語学学校に行っていた時も日本人なら本当に誰でも知っている会社の
社長さんの息子や孫といった面々がいました。

 

最初は驚いてばかりの田舎者丸出しも私もだんだんとその環境にも慣れてきました。

 

それから大分経ってからだと思います。

 

E君と大学を卒業後の話をしていました。

 

E君はアメリカで4年大を卒業したら韓国へ戻って父親の会社で働くとのこと。

 

私:E君の家は自営業って言ってたけど、何関係なの?

 

E君:ウチはオイル関係だよ!!

 

 

オイル関係・・・・。なんかよくわからないがスゴイ予感がしていました(^_^;)

 

インドネシアにも支店を持っており、E君は大学卒業後、インドネシアで
二年ほどマネージャーとして勤務しており、現在は韓国に戻り、日本での
新しい事業に着手し日々韓国で頑張っています!!今でもたまに
連絡を取っています。(^^)

 

E君の4年大はボストンではなくイリノイ州だったので、親友との悲しいお別れをし
彼はイリノイに旅立っていきました(T_T)/

 

私はUniversity of Massachusetts Boston(以下UMASS)に転校し、そこでも
今後新たな親友と呼べる台湾からの友人(以下K君)ができました!!

 

 

彼とはたまたま経済のクラスが同じでそこから少しずつ話すようになり、かなり仲良くなりました。

 

学校が終わってご飯でも行こう!!という話になり、新しい台湾人の友人K君は車をもっている
とのこと・・・・。

 

 

 

 

E君がレクサス・・・・・・チミの車はなんだね????

 

 

 

 

 

UMASSの駐車場へ行ってみると、

 

 

 

 

 

 

ハイ、出ましたベンツ!!OMG (/_;) 
 

*イメージです

 

 

 

こちらもピカピカの黒光りしたセダンタイプの社長さんが乗るようなベンツ!!

 

24歳が大学生が乗る車ですかねこれが・・・・・・。

 

しかし、皆さん黒が好きだね〜笑

 

まぁ、もし私にも当時高級車を購入できるほどの力があったら黒い車だったでしょう!!笑

 

 

K君は最近までBMWを乗っていたそうですが、やはりベンツに乗りたくて乗り換えたらしい。

 

でも本当に学生でかなりいい車乗っている人って多いんですよね!!

 

私が当時住んでいたアパートでのことなんですが、学校帰りによく立ち寄る
個人経営の確かメキシコ人のオジちゃんがオーナーのお店で良くピザを
購入していました。出来上がったチーズやサラミの匂いがする温かいピザの箱を
持ちながら「ニヤニヤ」しながら私のアパートの玄関に入ろうとすると、私と同じアパートに
住んでいる韓国人がピッカピカのBMWに乗りティアドロップのサングラスに
ボストンレッドソックスのキャップをカブりビューンと私の横を通って行きました。

 

 

 

食欲をなくしました。。。笑 

 

 

ほんの少しだけですが笑

 

K君の話にもどりますが、韓国人の親友E君もそうですが、
全く自慢をしないというか、お金持ちオーラを全然だしませんし、
「安い服は着ない」という感じでも全くないので、私も仲良くでき
たのかもしれません(^_^;)

 

 

何も外国人ばかりがそういう感じというわけではなく、日本人でも当然
いますよ!!

 

私の仲のよかった日本人の友人は、どちらかというと「ディーゼル」好きで
いつもカジュアルな格好が好きで、とてもオシャレボーイ(死語(^_^;)?)
だったので全然気づかなかったのですが、時計はカルティエからフランクミューラー!!
クレジットカードはブラック!!彼は当時東京で大学に通っており、一年間の
短期留学でボストンに来ていました。そんか彼の東京のマンションは
白金!!しかも、ポーンと置かれていた置物までいちいち高級品ときました!!
もうこうなると面白いですよ!!笑 しかも高級ブランド品の服なども自分には
大きいからと私にくれたり笑 

 

 

まぁ、こんな感じで私のような一般人には驚かされることばかりで、ある意味社会勉強になりました!!

 

 

あと、一つ注意することがお金についてです。

 

アメリカに行くと当然ですが円からドルに紙幣がかわります。

 

 

そうなると結構金銭感覚が狂うことがあります。

 

例えば10,000円って大金ですよね!?でも$100となるとまぁ買い物いっても普通に出せたりします。
*基本的に$100はほとんど持つことはありませんでした。$20、10、5、1紙幣と小銭が多かったです。

 

私の周りの日本人でも金銭感覚がちょっと狂ったという人が結構多かったので、これからアメリカに
行かれる方は是非注意して下さいね!!

 

関連記事
「アメリカ留学記!!」
「留学中に一番難しかった会話は?」
「英会話上達の「秘密」!!」

関連ページ

アメリカ留学記!!〜その1〜 いざ日本を出発!!
アメリカ留学記!!〜その2〜 初めての寮生活
私の7年間のアメリカ留学の経験や、私の周りでおきたことをまとめております。
アメリカ留学記!!〜その3〜 想像以上にハードな語学学校
私の7年間のアメリカ留学の経験や、私の周りでおきたことをまとめております。
アメリカ留学記!!〜その4〜 とんでもない勘違い
私の7年間のアメリカ留学の経験や、私の周りでおきたことをまとめております。
アメリカ留学記!!〜その5〜 私の英語力
私の7年間のアメリカ留学の経験や、私の周りでおきたことをまとめております。
アメリカ留学記!!〜その6〜 ボストンを離れ、いざミズーリ州はセントルイスへ
私の7年間のアメリカ留学の経験や、私の周りでおきたことをまとめております。
アメリカ留学記!! 〜その7〜 ボストンに戻り大学進学のハズが・・・
私の7年間のアメリカ留学の経験や、私の周りでおきたことをまとめております。
アメリカ留学記!! 〜その8〜 Community College
私の7年間のアメリカ留学の経験や、私の周りでおきたことをまとめております。
アメリカ留学記!! 〜その9〜 日本人の友人を訪ね語学学校へ
私の7年間のアメリカ留学の経験や、私の周りでおきたことをまとめております。
アメリカ留学記!! 〜その10〜 4年大へtrasfer
私の7年間のアメリカ留学の経験や、私の周りでおきたことをまとめております。
アメリカ留学記!! 〜最終章〜 Good Bye Boston!!
私の7年間のアメリカ留学の経験や、私の周りでおきたことをまとめております。
アメリカ留学記番外編(1)
私の7年間のアメリカ留学の経験や、私の周りでおきたことをまとめております。
アメリカ留学記番外編(3)
私の7年間のアメリカ留学の経験や、私の周りでおきたことをまとめております。
アメリカ留学記番外編(4)
私の7年間のアメリカ留学の経験や、私の周りでおきたことをまとめております。
アメリカ留学記番外編(5)
私の7年間のアメリカ留学の経験や、私の周りでおきたことをまとめております。
アメリカ留学記番外編(6)
私の7年間のアメリカ留学の経験や、私の周りでおきたことをまとめております。
アメリカ留学記番外編(7)
私の7年間のアメリカ留学の経験や、私の周りでおきたことをまとめております。
アメリカ留学記番外編(8)
アメリカ留学記番外編(9)
アメリカ留学記番外編(10)